初心者のウクレレ練習は独学?それとも教室?

初心者のウクレレ練習は独学?それとも教室に通うのが良い?




ウクレレをやってみたい。そういう人が増えています。

かくをいう私もその一人ですが、どうやって練習していくかでとても迷って色々調べてみたので、その時のことをメモしておきたいと思います。



私の友人にも、ウクレレ教室に通っている人がいます。

その友人の影響でウクレレをやってみたいと思いはじめたのですが、その友人は専業主婦で、すでに2人の子供も成人していて手がかからないんですよね。

なので時間にかなり余裕があります。

私はというと、時間がないことはありませんが仕事をしているので、いつでも自由に通えるというわけではありません。

忙しいと、通えない時もあるでしょう。

本気でウクレレをやるなら教室に通った方がよいのでしょうけど、自分が好きな時に練習できる独学も気楽でいいな…と思ったんです。



ウクレレの練習 教室?それとも独学?




ウクレレが弾けるようになりたい。

そう思ったときに教室へ通った方が良いのか、それとも独学で練習していくのが良いのかは、その人の性格や身を置いている環境にもよるといえます。



教室が向いている人


例えば同じ事が長続きしない人や、皆でワイワイやるのは好きな人には、教室での練習が向いているでしょう。

教室に通っていたとしたら、今日は気が向かないから練習しないでおこう…なんて気ままにはできませんし、教室へ行けば仲間もできます。

実際、友人も通っているウクレレ教室の仲間で忘年会や新年会をしたり、バス旅行に出かけたこともあるのだとか。

ウクレレという共通の趣味もあるので、話があって楽しいそうです。

・同じ事が長続きせず、練習が続けられるか心配
・皆でワイワイやるのが好き
・比較的スケジュールに余裕がある

こんな人がウクレレをやるのなら、教室通いが向いているといえるでしょう。



独学が向いている人


一方で飽きっぽくない人、一度やると決めたらコツコツ続けられる性格の人には、独学という選択肢も悪くありません。

またマイペースな人、大勢でなにかやるのが苦手な人にとっては、教室通いは窮屈に感じられる可能性があり、やはり自分で少しづつ練習していくのが向いていると思います。

あと時間に余裕がない人も、独学向きですね。

というか、時間がなければ教室に通うのは難しいと思いますので、おのずと独学を選ぶことになると思います。

・コツコツやるのが得意
・マイペース
・集団よりも孤独が好き
・時間に余裕がない




上達しやすいのは教室




ウクレレを練習する場合に、安定した上達がみこめるのは「独学」よりも「教室通い」の方でしょう。

教室ではプロの講師や先生が、ウクレレの正しい弾き方や知識を教えてくれます。

大事なポイントを押さえながら教えてくれるので、あちこち無駄な情報に寄り道することなく、知識や技術を学んでいけるというメリットがあります。



一方で、独学の方はマイペースでできるメリットはありますが、ともすれば独りよがりな練習になりがち。

間違っているよと教えてくれる先生もいないので、おかしな弾き方のクセをつけてしまったり、効率悪い練習の仕方をしてしまいがちになるんです。

練習の仕方にもよりますが、ウクレレの練習をする場合に「教室」と「独学」のどちらが良いかときかれれば、上達までのカリキュラムがきちんと組まれている「教室」の方だといえるでしょう。



しかし、教室へ通うのって時間が要ります。

そもそも、ウクレレ教室って都心から離れるとあまりないのですよね。

多少離れていても通える範囲内にあるのならまだいいですが、あまりにも遠いと通うこと自体が現実的ではありません。

またフル仕事をしていると、休みの日にわざわざ教室へ通うのがスケジュール的にしんどい場合もあります。(私はこのタイプ)

となると独学しかないのですが、ウクレレの独学って具体的にはどうやって練習していけばよいのでしょう?



私が試してみたウクレレの独学方法


ウクレレを弾きたい。
でも教室に通うのは大変なので、とりあえず独学でやってみることにしました。



教本を使って練習をしてみた




ウクレレを弾きたい…なんて言っているのだから、ある程度音楽の経験があると思われそうですが、実は私は楽器初心者で楽譜もろくに読めません(笑

でも、ウクレレ教室に通っている友人も私みたいな感じだったそうで、それでも弾けるようになったんですよね。

なのでその点はあまり気にしていませんでした。


ただ練習の仕方がわからないんですよね。
とりあえず、他サイトにあったウクレレソロを学習する初心者にオススメの楽譜4選を紹介します【独学でオッケー】という記事を参考に、一番最初は「初心者でも弾けるようになる」という謳い文句が描かれたウクレレ教本を2冊ほど買ってみました。

初心者が、初心者向けの本を買う。
あるあるですよね。

本にかいてある前書きを読んでいると、なんとなく自分でもすぐに弾けるような気がしてきます。これも初心者あるあるです。




が、しかし。
全然弾けませんでした (笑

弾くとかいう以前に、指のこととか書いてあることが難し過ぎて、ウクレレを弾くところまで到達できませんでした。

初心者向けとかいてありましたが、ある程度音楽の知識がある人向けだったようです。難しいどころか、用語が全然わからないところがもう致命的な感じです。

文章での説明だけではなく、ところどころに写真が載っているのですが、写真が小さいのと角度の関係で指の置き方などがわかりにくいんですよね。

やはり初心者には独学はダメなのでは…と思った瞬間です。



動画を見ながら練習をしてみた




平面の本ではわかりづらいため、Youtube動画を見ながら練習してみることにしました。

結構たくさんあるんですよね。
レッスンぽい動画が。

ネットの動画なら無料ですし、実際に弾いているところをみられるので本よりもわかりやすいです。



が、しかし。

動画は本よりはわかりやすいですし、本よりもすんなりと知識が頭に入ってきやすいのですが、やはり私にはちょっと難しいです。

完全なる初心者向けの動画ってあまりないんですよね。

私が初心者すぎるのだと思いますが、そういう初歩以前の人向けの動画ってあまりないんですよね。

全く観る意味がないというわけではないと思いますが、全体的にテンポが速くて難しいです。

ある程度弾ける人が、ちょっとした知識やテクニックを身に付けるために利用するには良いものですが、私のような初心者には、基礎の基礎から体系的に学んでいける教室でないと難しいのかなと思いました。



ウクレレ講座を受講してみた




ウクレレの教本や動画を見ても、さっぱり上達しません。
というより、わからないことが多すぎて練習するところまでも行けていません。

自分では無理そうなので、教室へ行こうかとも考えました。

ただ先にも書いた通り、時間的に通うこと自体がハードルが高く、すぐにやめてしまいそうな気がします。

3回4回通っただけで中途半端に止めてしまったら、そこまで払ったレッスン料が無駄になります。



なんとか独学で出来ないだろうか…と考えていた時に探して見つけたのが、ウクレレのDVD講座です。

他のサイトのウクレレ教室が近くにない そんな方にお勧めのウクレレ通信講座という記事を参考にさせていただきました。

見ていると、私のような楽譜が読めないレベルの人でもすぐに弾けるようになるとのこと。

正直、ウクレレ教本を見てもさっぱりでしたし動画でも同じような感じだったので、受講するかどうかかなり悩みました。

ですが、講座なら教室とは違って教材が手元に残るので、挫折して止めてしまったとしても、また再開しようと思えばできます。

なにより、講座の学習のすすめ方が自分のレベルにあってそうな感じがしたのですよね。

1日悩みましたが、これならできるかもしれないと申込みました。
以下の講座です。



多数のレッスン教室を運営するプロのウクレレ講師、古川忠義先生が教えてくれるDVDのウクレレ講座です。

なんでも、常時80〜100名もの生徒さんを抱えていらっしゃる有名な講師なのだそうで、教本やCDもリリースするなど、ウクレレの先生としてはこれ以上の先生はいないといっても過言ではありません。

そんな古川先生が、DVDを通じて初歩の初歩からウクレレを教えてくれます。



私はYoutube動画があわなかったので、DVDを使って学習できるのかどうかが心配でしたが、その考えは杞憂でした。

とても丁寧な解説で、私のような楽譜が読めない初心者中の初心者であっても全然ついていけます。





古川忠義先生のウクレレDVD講座のよいところ


古川忠義先生のウクレレDVD講座のよいところ



古川先生のウクレレ講座の良いところは、先にも述べた通り、初心者にもわかりやすく教えてくれている点です。

ドレミがわからない人であっても問題のない楽譜を使用しているため、音楽自体にうとい人でも取り組みやすいんです。

これ以上にわかりやすくレッスンしてくれる講座って、ほかにないのではないでしょうか。

少しづつステップアップできるようなレッスン内容であるため、挫折もし難いと思います。

・DVDでウクレレを弾いている手元をさまざまな角度からチェックできる

・ドレミがわからなくてもOKな楽譜を使っている

・普通は説明しない基本中の基本を丁寧に説明している

・複雑な指使いではなく、指一本からスタートするのでついていきやすい

加えて、古川先生が目の前でレッスンしてくださっているような感じで進んでいくため、独学にありがちな孤独感もありません。

1人だと続かないという人でも、これなら継続しやすいのではないでしょうか。



他にもメリットいっぱい!




古川先生のウクレレ講座、初心者に向いているという以外にも、自分で好きな時に好きなだけレッスンが行えるというメリットもあります。

これ、私的にはすごく助かります。

平日は基本的に帰宅が夜になってしまうのですが、夜ご飯を食べてから10〜20分だけ練習してみたり、休みの日は午前中だけ…なんて具合に、スキマ時間に練習できるんです。

短時間でもできるから、気負いなく練習に取り組めます。



これが教室だと、決められた曜日の決められた時間にしかレッスンを受けられないため、時間の制約があること、また十分な練習ができないまま次に進んでしまうこともありますが、自宅で実践できる講座にはそれがありません。

朝昼晩、自分の好きな時に好きなだけ練習できますし、できなければ同じ個所を繰り返して練習することもできます。

きちんと消化したうえで次に進むことができるため、確実にステップアップしていけます。



あと、教室に通うのに比べてコストが抑えられるという点も、大きな魅力ですね。

正直、本屋などで買えるウクレレ教本と比較すると、当然ですがウクレレ講座の受講には高いお金がかかります。特にまとめて払う場合は、安くはありません。

ですが、例えば教室に1年以上通うと少なくとも10万円以上はかかってくるんですよね。通う回数や交通費なども考慮すると、ばかにならない出費です。

実際、友人は月に2回か3回のレッスンで(月によって違う)、教室代が1万円弱かかっているといっていました。

交通費や付き合いにかかる費用も含めると、もっとかかっています。



一方で、古川先生のウクレレ講座は29,800円(税別/2019年7月)。

ウクレレや、ウクレレを弾くのに必要なチューナーなどが付属する「楽器セット」の講座でも、46,000円(税別/2019年7月)で済むのですよね。

内容を考えると全然安いと思います。
手元に教材が残るので、何度でも繰り返し学習できますし。

ちなみに私自身はウクレレは楽器屋さんで買ったのですが、何が良いのかよくわからないのでおすすめされた物を買うしかなく、ちょっと高くついたのですよね。(今思うと、高い…)

最初からこの講座の存在を知っていれば、楽器セットを申し込んだのになと思います。





期間限定のプレゼントがついてくる


私は申し込んだタイミングが悪くてもらえなかったのですが…--;

今講座を申し込むと、期間限定で以下の楽譜がもらえるという特典がついてくるんですよね。



これは嬉しい特典ですね。

弾きたい曲って沢山あるのですが、市販のウクレレの楽譜って初心者には難しいのですよね。

ですが上記はこの講座ならではの初心者向けの楽譜であるため、あまりウクレレが上手くない初心者であってもすぐに弾けるようになるでしょう。

特典がつくのは期間限定であるため、早目のお申し込みがお得です。